先日、こんなメールが届いていた。

いかん。IPアドレスの更新が上手く行なえていない。以前RaspbreeyPiサーバ構築編で解説した通り、動的IPでサーバを運用するには定期的なIPアドレスの更新が必須だ。おまけに作者が利用しているサービス「MyDNS」は一定期間IPの更新が無いとシステムを放棄したとみなされて再設定するまで利用が出来なくなってしまうのだ。そうならないように設定をしたはずだったのだが・・・もう1度確認しなくては。

cronの動作確認:生きていますか?

#実行されているかの確認
crontab -l
#/(^o^)\
no crontab for LoginUser

動いていない!

そういうのは記事書く前に気付こうぜ。どうするか。とりあえず編集しよう。

#cronの編集
crontab -e
#使用エディタの指定(nanoを選択)
Select an editor.  To change later, run 'select-editor'.
  1. /bin/ed
  2. /bin/nano        <---- easiest
  3. /usr/bin/vim.tiny

Choose 1-3 [2]: 2

あれ、何も書いていない!いつの間にか削除してしまったのか・・・?まあ良い。それなら再設定すれば解決だ。

#xxxxxxxはユーザID、yyyyyyはパスワード
*/10 * * * * wget -q -O /dev/null http://(xxxxxxxxxx):(yyyyyyyyyy)@www.mydns.jp/login.html

これで良しと。もし次もエラーが起きたらログを有効にしてどうなっているか確認しよう。RaspberryPiはSDカードで動いているからあまり何度も書き込みは行いたくないんだけどね・・・HDDと違ってすぐ摩耗してしまう事がある。

今回はここまで・・・大した内容にならなかったかな。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事