まあ、まだ60日間の無料期間なんだが・・・(通常は30日なのだが、今だけキャンペーンみたいだから興味があったらここから是非)

以下、作者がなぜ数あるサービスの中からSpotifyを選んだか書いていく(果たして需要はあるのか!?)

激戦区:競合サービス

そもそもなぜ作者が音楽ストリーミングサービスに申し込もうと思ったかと言うと、ついこの間PrimeStudent(AmazonPrimeの学生版)に登録した時、なんかおまけで付いてきたPrimeMusicがかなり良かったからだ。

こいつに登録していると、それだけで100万曲以上が(インターネットに接続されていれば)常に聴き放題、というわけだ。とても良かった。しかし、あくまでもPrimeの付属品。100万曲はパット見多いように思えるが、意外と聞きたい曲がヒットしない事が多かった。そこでちょいと調べてみたのだが・・・いや大量にあった。

  • Spotify
  • Apple Music
  • LINE MUSIC
  • AWA
  • Google Play Music
  • YouTube Music
  • Prime Music
  • Amaozn Music Unlimited
  • KKBOX
  • RecMusic
  • 楽天ミュージック
  • DEEZER HiFi
  • ANiUTa-アニュータ-
  • dヒッツ

いや、多い!!

どうすんだよこれ。俺物買うのに半年とか1年とか悩むんだぞ。いつまで立っても決められんだろ・・・

もう少し調べてみるか。作者は収録楽曲数の事しか考えていなかったが、どうやらそれ以外にも色々重要な事があるみたいだ。ユーザインタフェース(きれい・使いやすい)、サービスの規模・持続性、収録されている楽曲の種類(「おい、洋楽ばっかりでアニソンが入ってねぇじゃねーか!」)、アプリの有無(iPhoneでは聞けない)、値段、プレイリスト機能、整頓性、スタッフのサービスや音楽に対する愛・・・

いやーわからん!!

(気になる人はこれとかこれとかこれとか見てくれ・・・)

仕方がないから・・・どうするか(´・ω・`)とりあえず収録楽曲が多くてそれなりで良いからUIが良くって・・・

よし、Spotifyにしよう!このサイトで激推しだったんだよね・・・

ただ、人が良いと言っているだけで決めるのは良くない。決めた理由を書く。

  • 1番ではないが2番手ぐらいの楽曲数(4000万曲以上)
  • UIがきれいらしい
  • スタッフに音楽愛があるらしい
  • 今だけ2ヶ月無料
  • Linux用のアプリがある

・・・餌で釣られた感じはするが、まあ良いだろう。まあ、音楽はAndroidで聴くからLinuxに対応している必要は無いのだが、Linux使いに親近感を湧かせるには十分だ。

今回はここまで。後で使用した感想も書いておこう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事